PMA(Positive Mental Attitude)で行きましょう!

PMA

大小問わず、生きている限り良いこともあれば悪いこともありますが、それをどう捉えるかはあなた自身の問題です。今回はPMAについて書きたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

PMA(Positive Mental Attitude)の意味

PMA(Positive Mental Attitude)とは、「肯定的精神姿勢」を意味する言葉であり、もっと簡単に言うと、何事も前向きに捉えていく思考方法のことです。ポジティブシンキング(=ポジティブ思考)と言った方が馴染み深いかもしれませんね。

この言葉を教えてくれたのは、学生時代によく聞いていたKEMURIというスカパンク系バンドでした。KEMURIの代表曲の一つがこのPMAなのです。

今聞いても元気が出てくる名曲です。いや〜、それにしても懐かしい(笑)

PMAはKEMURIが掲げているポリシーでもあります。

KEMURIのメンバーは平均年齢が約50歳!!でも、元気にLIVEで暴れ回っております。驚異的です・・。

スカパンク(=スカコア)と呼ばれるメジャーとは言えないジャンルで、50歳になってもバンドを続けている人が世の中にいるってことですね。

家族もいるでしょうし、50歳のバンドマンとして色々と悩みもあるでしょう。さっさとバンド活動は辞めて会社員にでも転職した方が安定した生活を送れるかもしれません。

ネガティブ思考だったら、こんなにバンドを続けることはできなかったでしょうね。

私も、何歳になっても前向きに挑戦していきたいと強く思いました。

「物事を前向きに捉える」とはどういうことなのか?

「物事を前向きに捉える」ということについて私なりの考えを説明します。

そもそも物事に良いも悪いもありません。良いか悪いかを判断するのはあなた自身であり、それは絶対的な評価ではなく、相対的な評価でしかないのです。

したがって、2人の人間に同じ事が起きた場合でも、一人はポジティブに捉え、もう一人はネガティブに捉えるようなことが起こってしまいます。

私が思うPMAとは、どんなことが起こっても物事の良い面を見つけてポジティブに捉えることです。物事の良い面を探すのです。見つからなかったら無理矢理作ります。

そして、頑張ってポジティブ思考に変わってくると、色々とご褒美があります。

例えば、

・性格が明るくなり、人が寄ってくる。

・元気が出て、仕事などへのやる気が出てくる。

・これまでリスクばかりを見て挑戦しなかったことに挑戦したくなってくる。

ネガティブ思考だと、この真逆の結果がやってきます(笑)

すぐに世の中すべてのことをポジティブに捉えることは難しいかもしれませんが、小さなことからポジティブに捉えることを始めて見てください。結果にすぐ現れてくると思いますよ!

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加