「自分が好きなこと」と「自分を好きになれること」以外は捨てる

お菓子が好き自分自身が好きなこと(やりたいこと)だけをやれたら最高ですよね。でも、現実はそう甘くありません・・。ただし、自分自身が好きなことじゃなくても、「それをやってる自分が好き」と思えることであればウェルカムです。逆にいうと、そのどちらにも当てはまらないことはすべて捨てていく覚悟が必要です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

好きなことをやるのが一番

好きなこと(やりたいこと)をやるのが一番です。

仕事で考えてみましょう。小さい頃から野球が大好きだった人がプロになり、野球だけで食べていけるようになったら最高の人生ですよね。

まず探すべきは、「好きなこと」や「やりたいこと」です。それが見つかったらどんどん積極的にやっていきましょう。言われなくてもやると思いますが(笑)また、それが仕事にならないかも考えてみます(マネタイズする)。野球が好きだからといって必ずしもプロ野球選手にならないと稼げないかと言えばそうではありません。野球解説者を目指すとか、野球専門ブログを作ってマニアックなネタを提供してもマネタイズできます。周辺分野も仕事になるわけです。

また、趣味があるのなら趣味もマネタイズしましょう。ハマっていることがあるのならブログで紹介してもいいです。お金につながるのであれば、趣味のモチベーションも俄然アップしますよ!

何より、自分が好きなことであれば、実力も発揮できるはずです。

やりたいことをやることが目標達成につながる
「人生は短い。」と多くの人が口にします。人生が短いとあなたが本当に感じるのならば、今すぐにやりたいことをやりましょう!やりたいことを...

自分を好きになれること

みんながみんな好きなことだけやれるわけではありません。どうしても、やりたくないこともあるでしょう。

そんなときは、それをやってる自分が好きと思えるかどうかで考えてみましょう。

例えば、今の仕事がつまらないと感じていたとしても、仕事に誇りを持ってやっているのなら、「その仕事をやってる自分が好き」と思えるかもしれません。

誰の役にも立っていない仕事なんて世の中にはないはずです。誰かの役に立ってると思えたら好きになれる可能性はアリます。

外資系金融機関などのように年収数千万円といった高年収の人は、仕事自体が好きなわけでなく、「それだけ稼ぐ仕事をしている自分が好き」だからやっているという人も中にはいます。

要は、何かしら誇れるものがあるのなら「それをやってる自分が好き」という状態になれる可能性はあります。原点に戻り、自分の仕事で誇れるものがないか考えてみましょう。

その他は捨てる

「好きなこと」でも「それをやってる自分が好き」とも思えないのなら、思い切って捨てることが重要です。人生は短いので時間の無駄だからです。

それに、どちらにも該当しないものには何かしら理由があると思います。

例えば、喫煙。私が10代の頃なんかは、「タバコを吸っているとかっこいい」といった雰囲気がありましたが(私の地元だけ?)、最近では喫煙しているだけで文字通り煙たがれます(笑)心の底からタバコを愛している人はともかく、禁煙できずに惰性で吸っている人も多いでしょう。禁煙できない自分を好きになれない人もいるでしょう。もし禁煙したいと思ったら、タバコを吸っている自分を好きになれるかどうかで考えてみて下さい。好きになれないようなら禁煙しましょう。

このように、何となくだと捨てれないことでも、自分が納得すれば捨てれることはあります。自分の1週間の行動をすべて紙に洗い出し、それぞれの行動に「自分自身が好きかどうか」と「それをやっている自分が好きかどうか」の観点でチェックしてみて下さい。きっと捨てるべき行動が何かわかるはずです。

最後に

自分の周りを「自分が好きなこと」や「自分を好きになれること」で埋め尽くしましょう。日々の充実度が全く変わってきますよ!

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加