不動産投資入門!!初心者が物件探しする方法

物件探し不動産投資を始めるためには、当然ながら物件を見つけてくる必要がありますよね。不動産投資は最初の一棟でコケると、その後の規模拡大が夢のまた夢となってしまうため、最初の一棟選びが超重要です。今回は不動産投資初心者向けに物件探しの方法をご紹介したいと思います!

スポンサーリンク
レクタングル(大)

主な不動産投資ポータルサイトのご紹介

不動産投資(不動産賃貸業・大家)を始めるためには、当然ながら購入対象となる物件を探す必要があります。優秀な不動産業者の知り合いがいれば物件を紹介してもらえるのですが、初心者にそういったネットワークはないでしょう。そこで、現実的な手段として不動産投資ポータルサイトを利用することになります。代表的な不動産投資ポータルサイトを3つご紹介しますね。

楽待(らくまち)

楽待

http://www.rakumachi.jp

言わずと知れた最大規模の不動産投資ポータルサイト「楽待」です。つい最近東証マザーズに上場もしました。イケイケです。

希望の条件で検索することで、物件探しをすることができます。また、楽待会員になり希望の条件を登録することで、それを見た不動産業者から物件紹介されるというシステムもあり便利です。

健美家(けんびや」

健美家

https://www.kenbiya.com

不動産投資家の清涼剤「健美家」です。個人的に使いやすいポータルサイトだと思います。希望の条件を登録することで、条件に合う物件が出た際に自動メール配信してくれます。とても便利で、私は当初から情報収集用に利用しています。なお、楽待にも同じメール配信システムがありますが、健美家と楽待で物件が重複することも多いので登録するのはいずれかでも良いでしょう。

不動産投資連合隊

不動産投資連合隊

http://www.rals.co.jp/invest/

不動産投資連合隊で特徴的なのが、物件アクセス数ランキングがあるところでしょうか?どういった物件が人気なのかがわかって便利です。ただ、アクセス数ランキングですので、単純に利回りが高いだけの物件が上位に来ることも多く、総合的に買いの物件かどうかは自分で判断する必要があります。

不動産投資ポータルサイトの賢い使い方

主な不動産投資ポータルサイトを3つご紹介しました。ここまで紹介しておいて何ですが、正直なところ不動産投資ポータルサイトで優良物件を購入することは非常に難しいという現実があります。というのも、優良物件というのは表舞台に出てくることがないためです。

表舞台に出てこない

この表舞台に出てきていない物件を「非公開物件」と呼びます。なぜ表舞台に出てくることがないかと申しますと、不動産投資ポータルサイトで宣伝する必要なく優良物件には買い手が見つかるからです。

不動産業者は、優良なお得意様をいくつも抱えているのが通常で、優良物件を仕入れた際にはまずこのお得意様に打診します。

お得意様なわけですから、当然業者はお得意様が希望する条件を知っています。また、融資を受けれるだけの属性だったり、現金をたくさん保有しているなど実際に買える人であることも知っています。不動産投資ポータルサイトで集客すると、実際には買えない人から申し込みが入るなど無駄な時間を費やすことになりかねません。

このようなことから、非公開物件として買い手が見つからなかった物件だけ不動産投資ポータルサイトにアップされるという状況になっています。つまり、表舞台に出てくる物件は売れ残りなわけです。

売れ残り

不動産投資ポータルサイトにも稀に購入に値する物件が出てくることがありますが、このような優良な公開物件を買うことは簡単ではありません。というのも、優良物件であれば不動産投資ポータルサイトにアップされると瞬間蒸発するからです。

待ってましたとばかりに、海千山千の歴戦の猛者たちがその物件に殺到します。その中には、物件の現地確認もなしに買い付けの申し込みをする人もいるくらいです。不動産投資初心者が現地確認もなしに物件を買うなど絶対にやってはいけないことです。したがって、初心者が不動産投資ポータルサイトで優良物件を買うことは現実的ではありません。

「じゃあ、初心者はあきらめるしかないの?」と言われれば、そうではありません。

不動産投資ポータルサイトには賢い使い方があるのです。

それは、不動産業者とのネットワーク作りに使うことです。「物件としてはたぶんイマイチだけれど、現地確認ぐらいはしてもいいかな。」と思える物件があったとしましょう。そういった物件があったら、不動産業者にコンタクトを取り、業者と一緒に現地確認に行ってみるのです。現地確認をした結果、やっぱりイマイチなのであればもちろん買う必要はありません。

この行動を繰り返すうちに、業者とのネットワークが構築されていきます。

すると、ある日突然、以前知り合った業者から内々に連絡があり、「こういった非公開物件があるんですけど興味ありますか?」といった情報が入り始めます。

こうなればしめたものです。いつの間にか、非公開物件の情報が入ってくるようになりました。また、これまでいくつも現地確認してきたので、不動産の知識・経験も蓄積されているはずです。

まとめ

最近では不動産市況が過熱している関係で、優良物件は瞬間蒸発してしまう状況です。このような中で、優良な物件を購入するためには戦略的に物事を進める必要があります。

どのような方法であれば優良物件に辿り着くのか、どのような自分になれば業者から紹介してもらえるのか、相手の目線に立って行動していきましょう。不動産投資に才能は必要ありません。努力していればいつか必ず買えますよ!お互い頑張りましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加