「スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒」のレビュー・感想・評価

スター・ウォーズ フォースの覚醒

「スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒」をレビューします!もちろんネタバレなしです。他の方のレビューを観ると「駄作だった。」の意見も結構あるものの、私の個人的な感想は「最高!!」の一言です(笑)評価が甘いだけでしょうか?どういった点から私が最高だと思ったのかご紹介していきますね!

スポンサーリンク
レクタングル(大)

「スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒」とは

「スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒(STAR WARS: THE FORCE AWAKENS)」は、アメリカで制作し2015年に公開されたSF映画です。「スター・ウォーズ」シリーズの第7作目に当たります。

「スター・ウォーズ」シリーズは、複数エピソード(ep)で構成されたサーガ形式(エピソード9まである)で制作されており、3つのエピソードごとに3部作として公開するのが特徴です。最初の3部作(エピソード4/5/6)が1977年〜1983年、次の3部作(エピソード1/2/3)が1999年〜2005年、現在公開中のエピソード7を含んだ3部作(エピソード7/8/9)が2015年〜2019年公開予定となっています。

レビュー・感想・評価

2015年公開。監督:J・J・エイブラムス。主演:デイジー・リドリー。

オススメ度:☆☆☆☆☆

ルーカスフィルムがディズニーに買収された後に制作した、最初の「スター・ウォーズ」であり、続編としてエピソード8(2017年公開予定)およびエピソード9(2019年公開予定)が予定されています。

エピソード7の監督は、J・J・エイブラムス。海外ドラマ「LOST」や、「ミッション:インポッシブル3(M:I:Ⅲ)」以降のミッションインポッシブルシリーズ(3〜5)の制作に関わっている私の好きな監督でもあります。

「ミッション:インポッシブル」シリーズ全作品のレビュー・感想・評価
映画「ミッション:インポッシブル」シリーズ全5作品をレビューします!もちろんすべて自分で見た上でレビューしました。あなたはどの作品が...

あらすじを少しだけ!(最低限)

ネタバレを極力なくす趣旨から、あらすじは最低限だけご紹介します。

Wikipediaより引用)

遠い昔、はるか彼方の銀河系で…。

第2デス・スターが破壊されたエンドアの戦いから約30年後。最後のジェダイであったルーク・スカイウォーカーが姿を消して以降、銀河帝国の残党により「ファースト・オーダー」と呼ばれるグループが結成され、再び銀河に脅威をもたらしていた。ルークの双子の妹、レイア・オーガナ将軍は独自の軍事組織「レジスタンス」を結成し、新共和国の支援の下、ファースト・オーダーに立ち向かうためにルークを探していた。

ストーリーとしては、エピソード6の30年後が舞台です。旧3部作(エピソード4/5/6)からつながっている部分が数多くあるので、最低でも旧3部作だけは観ておいた方が楽しめると思います。新3部作(エピソード1/2/3)についても、もちろん観ておいた方が良いのですが、旧3部作の方が優先度は高いと言えます。

圧倒的な映像美と迫力!!

スター・ウォーズ エピソード7の敵の一人

当然と言えば当然ですが、旧作と比べて技術が進化し、映像が圧倒的に美しくなりました!現代の最新技術を使ったスター・ウォーズというだけでも観る価値があります。

主人公が女性なのが今っぽい!

レイ

ヒロインのレイ( デイジー・リドリー)です。新しい3部作(エピソード7/8/9)はこのレイを中心に展開されます(たぶん・・)。性格的にはかなり強気でしっかりしている女性でして、こういう強気でしっかりしている女性が主人公なのが今っぽい配役だと思います。また、潜在的には孤独を嫌う寂しがり屋な面もあるなど好印象なキャラクターでした。

フィンの立ち位置がいまいちよくわからない・・。

フィン

レイと行動をともにするフィン(ジョン・ボイエガ)です。個人的には、このフィンを作品上どうしたいのかよくわかりませんでした。エピソード8以降で大化けする可能性もありますが・・。他の方の感想を聞いてみたいです。

BB-8がとにかく可愛い!

BB-8

エピソード7のマスコットキャラクターであるBB-8です!下の球体を回転させることで前に進みます。エピソード6までのR2-D2と同じポジションのキャラクターなのですが、R2-D2より出来る行動が増えたことで、愛嬌が3割増しになっています(笑)

暗黒面(ダークサイド)の新キャラとの戦いが熱い!

カイロ・レン

暗黒面(ダークサイド)の新キャラであるカイロ・レンです。色んな意見が出てきそうなキャラですが、私はアリかなと思います。本作でもライトセーバーによる戦闘がありますので楽しみにしていて下さいね!

懐かしのキャラクターが再登場するだけでも観る価値がある!

チューバッカとハン・ソロ

エピソード7のポスターにも大々的に載っているので紹介してもよいでしょう。今作では、旧3部作で人気だったハン・ソロ(ハリソン・フォード)とチューバッカが再登場します!そしてレイア姫(キャリー・フィッシャー)も!!エピソード6から30年後が舞台となっていますが、ハン・ソロを演じるハリソン・フォード達も同じだけ年齢を重ねているわけです。メイクで特殊加工したわけでもない加齢による老化。30年後の同窓会に出席したようなノスタルジックな気分を味わえるでしょう!この点からも、旧3部作(エピソード4/5/ 6)を観てから本作を観た方がずっと楽しめること間違いなしです!

4DXで観ればアトラクションに乗っている気分!!

4DX

私は本作をユナイテッド・シネマの4DXで鑑賞しました!3Dはもちろん、映像に合わせて椅子が動き、光り、水がかかり、煙が出て、風が吹き、香りがします(笑)映画を観るというより、アトラクションに乗っているという表現が正しいです。エピソード7とこの4DXの相性は良く、映画への没入感がより高まったように思います。お近くに4Dに対応する映画館があれば是非試してみて欲しいと思います。

総評

エピソード7は「まさに王道」といった作りだったので安心して観ることができました。スター・ウォーズシリーズは熱狂的なファンがたくさんいる作品なので、エピソード7がどんな作品だったとしても一定の酷評を受けることになったでしょう。その中でもブレずに斜め上の作品を作らなかったというだけでも、やはりスター・ウォーズはスター・ウォーズなんだなと再認識できました。

過去作品へのリスペクトも忘れず、テンポよく進むストーリー展開に個人的には大満足です!

なお、スター・ウォーズ旧3部作(エピソード4/5/6)については、下記の記事でご紹介しています!

「スター・ウォーズ エピソード4/5/6」のレビュー・感想・評価
「スター・ウォーズ エピソード7」の公開を機に、久しぶりに「スター・ウォーズ エピソード4/5/6」を観てみました。SF映画の金字塔...

スター・ウォーズ新3部作(エピソード1/2/3)はこちらの記事です!

「スター・ウォーズ エピソード1/2/3」のレビュー・感想・評価
「スター・ウォーズ エピソード7」の公開を機に、「スター・ウォーズ エピソード1/2/3」を再度鑑賞しました。賛否両論あるこの3部作...
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加