坐忘林(ざぼうりん・ZABORIN)ニセコの高級旅館で非日常体験

坐忘林

知る人ぞ知る坐忘林(ざぼうりん)。皆さんもニセコで一生忘れられない思い出を作ってみませんか?

スポンサーリンク
レクタングル(大)

坐忘林(ざぼうりん)

坐忘林ロゴ

ニセコと聞くと何を思い浮かべますか?

スキーやスノボでしょうか?

いえいえ、ニセコといえば坐忘林(ざぼうりん)でしょう。

坐忘林に行ったことがある人はわかってくれるはず。私も絶対にもう一度行きたいと思ってしまいました(笑)

そんな坐忘林についてブログでご紹介させて頂きます。

今回は坐忘林の写真集と言っていいほど写真を載せましたのでお楽しみに!!

アクセス

倶知安

坐忘林へのアクセスは正直良くありません。が、最果ての地に来たみたいでそこがまたいいです(笑)

最寄り駅であるJR倶知安(くっちゃん)駅へは、新千歳空港駅から約2時間半、札幌駅から約1時間45分かかります。

倶知安駅から坐忘林に行くにはさらに車で10分程度かかりますが、ホテルの送迎サービスがあるのでそこは無問題です。

館内

館内1

これから坐忘林の館内をご案内します。まずは入口から。残念ながらホテルの全体像を捉えた写真がありません・・。

館内2

玄関をくぐるとすぐにオブジェが。他にも館内には絵画などのアート作品が所狭しと配置されています。

階段

エレベーターを使わず、敢えて階段で2階に上がろうとすると、階段の下にもオブジェ。

館内3

溜まった水とオブジェ。

館内4

レセプション。

館内5

雰囲気のあるロビーで受付を済ますことができます。

館内5−2

外は吹雪?

館内6

机の奥に見えるのは・・?

館内6−2

館内7

ホテルスタッフの方が抹茶を作ってくれました!日本の味ですね。

館内8

夜はバーになるカウンター。景色もいいです。

盆栽

盆栽(?)セット。手入れが行き届いております。

館内10

リラックススペース。暖炉がいいですね。

外は雪景色。

館内12

色々な本が置いてある図書スペースもあります。

館内13

別の角度から。

館内14

ワインセラー!!高そうなワインが並んでました。

館内15

客室に通じる廊下です。長い。

館内15−2

廊下には様々な絵画が。

館内15−3

すべてのセンスが抜群。オーナーは海外に住む英国人とのこと。自分が日本に来たら泊まりたい理想のホテルを作られたのでしょう。

館内16

客室の中心には庭が。

館内17

シガールームも。

館内18

オーナーは馬好き?

館内には色々な設備があるので、散策すると楽しいですよ!

お部屋

部屋1

今回泊まったのは、「ユキワビシ」というお部屋でした。

坐忘林には15の客室があり、全室スイートルームとなっております。

部屋2

お部屋の玄関です。

ちなみに玄関の床に床暖房がついているので、靴を脱いでも暖かい!!笑

部屋3

リビングリームは広々。窓も大きく開放的です。

部屋4

部屋に入った瞬間ここに住みたいと思いました(笑)ホテルというより、一軒家という感じ。自宅のようにのんびりできますね。

部屋6

外は大自然!!たまりません。

部屋5

ベッドルーム。

部屋7

巨大です。ベッドは少し高い位置にあります。

部屋8

少し高い位置にある理由は、ベッドから綺麗な景色を見るため。朝起きると目の前に大自然が現れるというわけです。

部屋9

チョコレートのサービス。濃厚。

ジュース

坐忘林に来たら是非このジュースを!これももちろんサービスです。

部屋10

棚。

部屋11

開けると色々出てきます。

部屋12

トイレ、広いです。

手洗い

手洗い用の水は上から落ちてきます(笑)細かいところまでこだわって設計されています。

部屋13

トイレから見える景色。池(?)が凍ってますね。

温泉

温泉

源泉かけ流しの温泉も見事でした!!

脱衣所

脱衣所。

アメニティ

アメニティ。巻物の中には歯ブラシ。

アメニティ2

坐忘林ロゴがオシャレ。

まずは内湯から。

檜の香りかと最初思ったのですが、温泉のお湯自体の匂いでした。何とも言えない独特の匂いが病みつきになります。

それにしても温泉の質があまりにも良すぎて驚きました。普段温泉旅館に泊まるときは夜と朝の一回ずつしかお風呂に入らない私ですが、今回は何度も入りました(笑)

今まで入った中でベストの温泉かも?最高です。是非皆さんにも体験して欲しいです。

外風呂

露天風呂もあります。すべてのお部屋にそれぞれ内湯と露天風呂がついてるなんて、何て贅沢な。

外風呂2

雪景色を見ながら入る露天風呂は最高です。

外風呂3

露天風呂から見える景色PART1

外風呂4

露天風呂から見える景色PART2

もう一度言いますが、ここの温泉は最高です。

夕食

夕食の部屋

温泉の後は、お待ちかねの夕食の時間。お部屋ではなく、食事用の個室で食べる形式でした。

夕食1

今回のメニュー表。お洒落すぎて読みづらい(笑)

夕食2

小樽ビールで乾杯。

夕食3

一品目の蕪蒸し。やっぱり和食が一番好きです。

夕食4

記事のトップページの写真に使うか迷った一品。まさに芸術。見た目だけでなく味もグッド。枝以外は食べれます。

夕食5

日本酒を頼むと、お猪口を選ぶことができます。さて、どれを選ぼうか。

夕食6

結局選んだのは普通のお猪口(笑)

夕食7

大根を使った一品。繊細。

夕食8

お刺し身。カニがぷりぷり。

夕食9

大きなあさりでした。

夕食10

時鮭とイクラ。旬です。

夕食11

大根のアート作品かな?

夕食12

メインの和牛。間違い無しの一品。

夕食13

炊き込みご飯で締め。

夕食14

夕食15

デザートは別の部屋で頂きました!大変美味しゅうございました。坐忘林は料理も最高です。また食べに行きたい(笑)

朝食

朝食1

続いて朝食です。夕食と同じ個室で頂きました。

朝食2

朝ご飯も豪華!!

朝食3

朝食5

湯豆腐。うまし。

朝食4

北海道と言えばとうもろこし。

朝食6

北海道で食べる魚にハズレはありません(笑)

最後に・・

景色

冬の坐忘林を満喫すると、今度は夏の坐忘林を知りたくなりますね。何もかもが最高レベルのお宿です。

アートと大自然と人のおもてなしの心が詰まった坐忘林、また必ず行きます!!

坐忘林以外の北海道旅行の記事は下記からご覧頂けます。

北海道旅行、冬のグルメ旅(札幌・ニセコ(倶知安)・小樽編)

北海道旅行、冬のグルメ旅(札幌付近・旭川動物園・鮨一幸編)

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加