お金よりも大事なもの!?有酸素運動で健康を手に入れる

有酸素運動

「お金より大事なものがある。」と聞いたことはないでしょうか?お金はあくまでも何かを得るための手段であって、目的ではありません。そして、どんなにお金があっても、健康を害しては人生を楽しむことができないのです。今回は、そんな健康のお話です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

お金が等価交換にならない理由

あなたがコンビニでお菓子を買う場合、当然ながらお金を支払う必要があります。例えば、ブラックサンダー1個であれば30円(税抜)を支払います。これは30円とブラックサンダー1個が等価(=同じ価値)であることを意味します。この等価交換の原則が世の中にはあるわけです。

ただし、個々人の目線で見ると等価交換とはなりません。それは、モノの原価(=30円)は絶対的なものですが、モノの評価額(=人によって異なる)は相対的なものだからです。

例えば、50万円分のパリ行きの海外旅行券があったとします。

50万円でパリ行きの海外旅行券を買うことができるので等価のはずです。ですが、あなたが激務で有給休暇すら取らせてもらえない会社の社員であれば話は別です。あなたはこの海外旅行券を使ってパリへ旅行に行くことができないので、海外旅行券に50万円の価値はなく、評価額は0円(=無価値)なのです。

他にも、アニメ・キャラクターのフィギュアは、人によっては原価の何倍も価値を持つことがあります。いわゆる価値観の差です。

このように、モノはお金と等価交換できるものの、モノの評価額は人それぞれ異なります。

あなたがモノを買うとき、あなたなりのモノの評価をしているのではないでしょうか。

健康がモノの評価額に大きく影響する

モノの評価額が相対的であることがわかって頂けましたでしょうか?

このモノの評価額を軒並み下げる要因があります。それは健康です。

健康を害した場合、ほとんどのモノの評価額が原価を下回ってしまいます。例えば、インフルエンザにかかった場合、高級レストランの食事を始め、ほとんどのモノの価値は0に近づきます(逆に、インフルエンザの治療代の評価額は高まります)。

インフルエンザは数日間で治るのでまだ良い方ですが、健康を維持することがどれだけ大事かはわかって頂けると思います。

健康の維持には有酸素運動が有効

成功している経営者で、ジョギングなどの有酸素運動を定期的にこなしている人が多いことはご存知でしょうか?忙しいはずなのに、彼らは有酸素運動を欠かしません。

これは大きく2つの目的があります。

健康維持

一つ目は、健康維持です。プロのビジネスマンにとって健康を維持することは当然です。病気がちでは経営者は務まりませんよね?頻繁に風邪をひいて重要な会議に参加できないようでは経営も危ういです。

仕事のクオリティアップ

有酸素運動が、仕事のクオリティアップにつながり、良い影響を与えます。

継続的な運動により脳内麻薬「β-エンドルフィン」が分泌されることで、ストレスが軽減されポジティブな思考へ変わります。

また、ジョギングなどのリズム運動は、「セロトニン」が分泌され、心が安定し集中力が増します。

「ウォーキングしていたら良いアイディアが浮かんだ!」ってことはありませんか?リフレッシュにもなりますし、仕事にも直接的に役立つのです。

有酸素運動の種類

最後に、有酸素運動の種類をお伝えします。あなたが興味があるのはどれでしょう?

ウォーキング

オススメ度:☆☆☆☆☆

普段運動をしていない方にオススメなのが、ウォーキングです。ジョギングとの違いですが、常に片足が地面についていればウォーキングです。まずは、朝少しだけ早起きして日光を浴びながらウォーキングしてみてはどうでしょう?

ジョギング

オススメ度:☆☆☆☆☆

有酸素運動の定番のジョギングです。ウォーキングとの違いは、両足が地面から離れることがあればジョギングです。ゆっくりと走り、呼吸ができる状態を維持してください。また、ジョギングに限らず有酸素運動全般に言えることですが、20分以上行うことで脂肪を減らす効果があると言われます。20分以上の運動を目標にしてください。

ランニング

オススメ度:☆☆☆

ランニングとジョギングの違いは、スピードです。スピードが早いとランニング、遅いとジョギングと呼ばれます。「1㎞を5分以内で走るとランニングである」という意見もあるようですが、明確な基準はありません。アスリートではない一般人はランニングよりジョギングが良いでしょう。なお、呼吸がうまくできないほどスピードを出すと、無酸素運動になりますのでご注意ください(無酸素運動は無酸素運動で良いものですが趣旨と違うので)。

サイクリング

オススメ度:☆☆☆☆☆

こちらもオススメです。ジョギングと並んで人気のある有酸素運動ではないでしょうか?ジョギングよりも遠くまで行けるので気分転換に最高です。難点は、自転車を買わなければいけないところですね。スポーツ自転車は乗っていて楽しいものの、高価なので人を選びます。

水泳

オススメ度:☆☆☆☆

トライアスロンの種目にも入っているので注目度の高い水泳です。膝への負担が少ないことで、ご高齢者やメタボな方に最適です。難点は、水泳ができる施設が必要であるということです。

エアロバイク

オススメ度:☆☆☆☆☆

スポーツジムに必ずといっていいほど置いてあるエアロバイクです。通販サイトで買って自宅で利用することもできますが、かさばるので注意。勝手に買うと、家族からは白い目で見られるかも。

エアロビクス

オススメ度:?

有酸素運動の元祖。やったことがないので無評価です。激しいので多分効果は高い。

トライアスロン

オススメ度:?

アスリート向けのトライアスロン。水泳、自転車、ランの3つの種目が含まれています。私もいつか挑戦したい。

まとめ

冒頭で「お金より大事なものがある。」と書きましたが、健康がなければお金を有効な手段として使えません。身体を壊さない程度に稼ぎましょう。

また、健康維持には欠かせない有酸素運動ですが、様々な種類がありますので、あなたが興味がある種目でチャレンジしてみてください。とにかく継続できることが大事ですので、無理はせず一度にやり過ぎないこと。

ちなみに、私はジョギングとサイクリングをメインに運動をしています。東京マラソンには毎年応募しているのですが、当たったことがありません。今年こそは。。。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加