楽天銀行(ネット銀行)で法人口座を開設するのがおすすめです!

楽天銀行

法人を設立したら銀行口座を開設しましょう!ネット銀行(楽天銀行、住信SBIネット銀行、ジャパンネット銀行)の法人口座をどれか一つ開設するのがおすすめです。私は楽天銀行で法人口座を開設しました。楽天銀行を利用するメリット・デメリットと、必要となる資料についてご説明したいと思います!

スポンサーリンク
レクタングル(大)

ネット銀行の法人口座を開設する

ネット銀行(楽天銀行、住信SBIネット銀行、ジャパンネット銀行)の法人口座を開設することで様々なメリットがあります。ネット銀行の口座をどれか一つは開設することをおすすめします。その理由についてはこれからご説明していきますね!

楽天銀行の法人口座のメリット

楽天銀行で法人口座を開設するメリットをご紹介致します!

口座維持手数料が無料

楽天銀行の法人口座の維持手数料は無料です!メガバンクであれば月額2,160円の口座維持手数料がかかります。

3万円以上のATM入金手数料が無料

楽天銀行 ATM手数料

(上記は楽天銀行HPより)

楽天銀行は、3万円以上のATM入金手数料が無料です。ATMで現金を引き出すことが少ない場合は問題ないと思います。

ちなみに、ジャパンネット銀行も3万円以上のATM入金手数料が無料です。ジャパンネット銀行は、金額に関わらず、入金・出金手数料がそれぞれ月一回無料です。

住信SBIネット銀行は、一律108円のATM手数料がかかります。ATMで現金を引き出すことが多い場合は、住信SBIネット銀行が有利です。

振込手数料が安い

ネット銀行(楽天銀行、住信SBIネット銀行、ジャパンネット銀行)はとにかく振込手数料が安いです。これが一番のメリットだと思います。

楽天銀行 振込手数料

(上記は楽天銀行HPより)

楽天銀行から楽天銀行への振込手数料は一律51円。楽天銀行以外への振込は、3万円未満なら165円、3万円以上なら258円です。

なお、振込手数料は楽天銀行と住信SBIネット銀行が同額です。

ジャパンネット銀行は少しだけ手数料が高く、ジャパンネット銀行からジャパンネット銀行への振込手数料は一律54円。ジャパンネット以外への振込は、3万円未満なら172円、3万円以上なら270円です。

税金が払える

Pay-easy(ペイジー)に対応しているのでネット上で税金の支払いが可能です!

なお、ネット銀行(楽天銀行、住信SBIネット銀行、ジャパンネット銀行)は国税のダイレクト納付には対応していません。

楽天銀行の法人口座のデメリット

楽天銀行の法人口座にも欠点があります。

ATM出金手数料が有料

ネット銀行(楽天銀行、住信SBIネット銀行、ジャパンネット銀行)すべてに言えることですが、ATM出金手数料が必ずかかります。ゆうちょ銀行の法人口座であれば、ATM出金手数料が無料なので、どうしてもATMで出金したい場合はゆうちょ銀行も併用しましょう!

他にもゆうちょ銀行の法人口座にはメリットがあります。こちらの記事を参照ください。

ゆうちょ銀行で法人口座を開設しましょう!
法人を設立したら銀行口座を開設しましょう!オススメはゆうちょ銀行の法人口座です。ゆうちょ銀行を利用するメリット・デメリットと、必要と...

固定電話番号またはIP電話番号が必要

携帯電話番号だけでは口座を開設できません。固定電話番号またはIP電話番号が必要です。事業の内容上、携帯電話だけで十分な人も多いと思います。わざわざお金をかけて事業で使わない固定電話やIP電話を設置するのは不毛ですよね・・。

そこで、オススメなのが「SMARTalk」です!SMARTalkは、スマートフォンのアプリなのですが、無料でIP電話番号(050番号)を取得できます。しかも、初期費用も月額基本料も無料です!受信専用であればお金がかかりません。「050plus」というアプリもありますが、こちらは有料です。

楽天銀行の法人口座開設で必要な資料

口座開設に必要な資料はかなり少ないです。

・法人の履歴事項全部証明書(原本)

・本人確認書類(運転免許証等)

・法人設立届出書(税務署受付印が押印されたもののコピー)※会社設立後半年以内、ホームページなし、主たる事務所としてバーチャルオフィスやレンタルオフィスを利用している場合

私はこの3点でOKでした!

楽天銀行法人口座の審査

審査は申し込みから1週間程度かかります。その間、私の場合は楽天銀行から2回電話がかかってきました。一回目は本人確認の電話、二回目は事業の実態について聞かれました。質問に答えていくだけで問題なく終わりました。「参考までに」と言われて不動産賃貸業(不動産投資・大家)の会社名の由来も聞かれましたが、フランス語でカッコつけた会社名にしていたので由来を説明するのが恥ずかしかったですね・・。審査自体はあまり厳しくないように感じましたよ。

まとめ

ネット銀行は、振込手数料がとにかく安いのでオススメです。私の場合は、ゆうちょ銀行の法人口座と楽天銀行の法人口座を使いわけています。ゆうちょ銀行の法人口座からゆうちょ銀行の個人口座に振込手数料無料で給料や経費精算の支払いをして、外部への振込は楽天銀行の法人口座を使うイメージです。この2つの口座があれば十分です。どちらも審査は厳しくありませんので、是非開設してみてください!

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加