クレジットカードを有効活用しよう!メリット・デメリットの考察も合わせて。

クレジットカード

クレジットカードって使ってますか?「何となく危なそう」「使い過ぎちゃうかも」という理由でクレジットカードを使わないのは本当にもったいないですよ!

スポンサーリンク
レクタングル(大)

クレジットカードとは

まずはクレジットカードの基本から説明します。

結論から言うと、クレジットカードを用いることで後払い(ツケ)で買い物ができます。

(クレジットカード払いの流れ)

①あなたがクレジットカードをお店で掲示して所定の手続き(サイン or 暗証番号の入力)をすると、ツケで商品を購入できます。購入するときに現金は不要です。

②お店は、あなたからではなくクレジットカード会社から商品の購入代金を受け取ります。つまり、カード会社が立て替えてくれるのです。カード会社は立て替える代わりに、カード決済利用料として手数料(購入代金の数%)をお店から受け取ります(お店としては手数料分だけ損しますが、クレジットカード払いができないと買い物してくれないお客様がいるため、仕方なくカード決済を導入しているのが実態です。手数料がかからないのでお店としては現金払いのお客様の方が儲かります)。

③買い物をした翌月頃にカード会社からあなたに請求が来ます。事前に登録していた銀行口座の口座振替によりお金が支払われることになります。

以上のような流れです。カード会社に手数料を支払いたくない、という理由で現金払いしか認めていないお店もいまだにありますが、その場合も単価が低いお店がほとんどです。最近ではほとんどのお店でクレジットカード払いが可能だと言っていいでしょう。

クレジットカード活用のメリット

クレジットカードを活用することで色々とメリットがあります。

ポイントがつく

クレジットカードで支払うことでポイントがつきます。例えば、クレジットカードの中でも特に有名な楽天カードであれば、支払金額の1%のポイントがつきます。楽天カードで支払えば1%引きで買い物ができるのと同じような効果があるわけです。

生活費も含めてすべての支払をクレジットカードで支払えば、年間100万円を軽く超えるでしょう。そうすると1万ポイント(=100万円×1%)が貯まりますよね。1ポイント=1円以上の価値があることがほとんどなので、クレジットカードで支払うだけで年間1万円以上得します。

もし楽天カードを作るのであればJCBブランドがおすすめです。理由は楽天カードのJCBブランドであれば、電子マネーのnanaco(ナナコ)にチャージ(入金)するだけでポイントが貯まるからです。nanacoはかなり使える電子マネーです。なんとnanacoで税金公共料金を支払うことができるのです!この場合、nanacoポイントはつきませんが、チャージ時に楽天ポイントがつくのでクレジットカード払いと同じ効果があります。

特典がある

クレジットカードによっては特典があります。例えば、海外旅行保険です。保険が自動付帯されるカードであれば、カードを持っているだけで海外旅行で事故にあって入院した場合などに保険がおります。自動付帯ではなく利用付帯のカードだと、実際にそのクレジットカードで旅行代金を支払わなければいけないので使い勝手が悪いです。

他にも、カードによっては空港のラウンジを無料で使えたり、サポートデスクで旅行やレストランの手配もしてくれるなどの特典があります。

ネットショップの利用に有利

Amazonや楽天市場などのネットショップでショッピングするときに便利です。クレジットカード払いだと手数料がかかりませんが、代引きだと代引き手数料がかかりますし、振り込みなら振込手数料がかかりますからね。

現金を持ち運ばなくて済む

高額なものをクレジットカードで支払うようにすれば、多額の現金を持ち歩かなくて済みます。防犯上非常に有効ですね!

資金繰り的に有利

クレジットカードは後払いなので、給料日前などで現金がないときでもクレジットカードで買い物ができます!

履歴が残る

クレジットカード払いであれば、支払明細で履歴を確認できます。現金で支払うとレシートを保管しておかないと何に使ったのかわからなくなってしまいますが、クレジットカードでは明細を見れば一目瞭然です。お金の管理をする上で重宝しますね!

海外旅行で活用

クレジットカードは海外での支払いでも効果を発揮します。日本円を外貨に両替すると手数料が高くつくので、外貨はあまり持たずに出来るだけクレジットカードを使って支払いましょう!海外では日本以上にクレジットカードが使えるお店が多いです。日本のブランドであるJCBだと海外で使えない場合があるので注意が必要ですが・・(海外で使えるエリアが広いVISAかMasterCardを一枚持っておけば安心です)。

また、どうしても外貨が必要なのであればキャッシングが有利です。クレジットカードにキャッシング枠が設定されている場合には、海外のATMで外貨を引き出すことができます。当然ローンの一種なので利息は付きますが、両替するよりもコスト上断然有利です。仮にキャッシングの利率が15%だったとしても、年間の利率なので旅行から帰ってきてすぐに返済すれば両替するよりも安く済むでしょう。

信用につながる

クレジットカードを作った後に事故(滞納)を起こさなければ、あなたの信用は徐々に高まります。クレジットカードの支払履歴はクレジットヒストリーとなり、住宅ローンを借りるときやゴールドカードなどを作るときに参考にされます。綺麗なクレジットヒストリーを作れればそれだけ信用につながるのです。

ステータス

クレジットカードの中には、持っているだけでステータス(社会的地位の証明)となるカードがあります。ステータスが高い順に、ブラックカード>プラチナカード>ゴールドカード>ノーマルカードに分けられます。

例えば、最高ランクのカードであるブラックカードについて説明しますと、年会費だけで10万円を超える場合が普通であり、その年会費を負担できる=それだけ生活に余裕がある(=お金持ち)、という見方をされます。また、そもそもブラックカードは自分で申請して取得できるわけではありません。信用力が高いとカード会社から認められた人にのみインビテーション(招待)が送られてくるのです。したがって、ブラックカードを持っているというだけでステータスになるんですね。

クレジットカード活用のデメリット

デメリット側も見ていきます。

年会費がかかる

クレジットカードによっては年会費がかかります。ゴールドカードなどのステータスカードは年会費が数万円かかる場合もあります。特に理由がない限りは年会費無料(または安い)のクレジットカードを選べばよいでしょう。

分割払いで利息がかかる

クレジットカードで分割払いをすると利息がかかります。もったいないので一括払いを徹底しましょう!

使い過ぎる

クレジットカードでは現金を直接使うわけではないので、気が大きくなって使い過ぎてしまう人が多くいます。お金の管理能力が問われるわけですね(笑)クレジットカードに限らずですが、お金の知識(マネーリテラシー)と管理能力は絶対にあった方が良いスキルだと思います。人生は長いので、後々大きな差となって現れます。

不正利用リスク

盗難されて自分のクレジットカードを不正利用されるリスクがあります。ただし、クレジットカードには基本的に盗難保険がついているため、盗難により不正利用があったときには保険会社が負担してくれます。ただし、気づいたタイミングが遅いと保険が適用されないケースがあるため、クレジットカードの支払履歴は毎回目を通すようにして見に覚えのない支払いがないか確認しておきましょう。

まとめ

クレジットカードを活用しないのは本当に損だと思います。クレジットカードのデメリットについてもマネーリテラシーやお金の管理方法を身につけることで回避できる問題です。あなたが良いクレジットカードライフを送れることを祈ってます!

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加