登山(山登り)初心者が最初に揃えるべきグッズや持ち物

山

低い山が多いのですが、登山によく行ってます。非日常の空間でリフレッシュすると、明日もまた頑張ろうと思えてくるので不思議です。そんな登山ですが、初心者の方はどんな物を揃えれば登山ができるのかわからないと思いますので、最低限必要なアイテムから、出来ればあった方が良い物まで、登山グッズをご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

絶対揃えた方が良い山グッズ

まずは登山には欠かせない登山グッズをご紹介!

登山は、が最も重要です。出来れば、登山専用の山靴を買うことをオススメしますが、値段が高い(安くても1万円はします)ので、高尾山のような登山というよりハイキングに近いような山であれば、スニーカーでも問題ありません。高尾山のような低い山で、サンダルやヒールのある靴を履いて登山している女性がたまにいますが、ケガをする可能性があるので絶対に辞めましょう。

山靴

これが私が使っている靴です。3万円近くしましたが、自分の足の形にあっていたのがこれしかありませんでした。お店によっては、自分の足の形に合った靴を提案してくれます。山靴だと、段差で足を挫くことがないので安全です。

ザック

いわゆるリュックのことです。登山にハンドバッグで行くのはさすがに舐めすぎです。ザックがなければ、せめてショルダーバッグにして両手が使えるようにしてください。

レインウェア

山の天気は変わりやすいため、レインウェアは欠かせません。必ず用意しましょう!フード付きが便利です。また、雨だとザックも濡れてしまうので、ザックカバーもしくはビニール袋も用意した方が無難です。

動きやすく温度調整しやすい服装・タオル

運動しやすい格好にしてください。長袖、長ズボンの方がケガをにしにくいのでオススメです。運動用のタイツなども良いですね!また、山は標高が高いので、麓よりだいぶ気温が下がります。温度調整できる服装で行くのがベターです。タオルも当然必須です。

ヘッドライト

頭につける小型のライトです。登山中、迷子になったり、時間配分ミスなどで夜になってしまったときに使います。山は夜中まったく明かりがありません。真っ暗な道を歩くと危険なので持っていた方がよいです。懐中電灯でもいいですが、手が塞がるので出来れば避けたいですね。念のため携帯の懐中電灯アプリをインストールしておくと安心です。

水・食料

水分補給は必須です。水は多めにもっていくといいと思います。重くなるので嫌だと思いますが、登山中に水が切れるとものすごく不安になりますよ。食料は、低い山だと頂上などで軽食が食べれるので必須ではないですが、山によっては食事ができる設備がないので事前に調べておきます。

地図・コンパス

低い山だと、道が整備されているので迷う可能性はあまりありませんが、念のため地図やコンパスを持っていった方が無難です。もしくは、携帯で地図のスクリーンショットを事前に撮っておいてください。

携帯電話

言われなくても持っていくと思いますが、低い山は結構電波があったりしますし、緊急用に携帯電話は必須です。山の中のように電波が悪いところにいると電池をすぐ消費するので、携帯を使わないときはマナーモードにしておくと電池がもちますよ。

出来れば用意したい山グッズ

必須ではないですが、用意した方がよい山グッズはこちらです!

帽子

屋外に長時間いるので、帽子を持っていくと日焼け予防にもなって良いです。風に飛ばされないよう紐付きがベターですよ。

ストック

登山用の杖です。必須ではないですが、これがあるだけで体力の消耗具合が全く違います。安くても1万円ぐらいはしますが、効果は高いです。

コンロ

頂上で食べるカップラーメンは最高にうまいです。お湯を沸かす用の小型のコンロを持って行くと山ライフが充実します。コンロがない場合でも、保温性のある水筒にコーヒーなどを入れて持って行くと至福です。

最後に

いかがでしたか?低い山でも油断は禁物です。楽しく安全に登山を楽しみましょう!

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加